花ぽたカメラ

神奈川県内の花の名所、祭りをミニベロで巡って紹介しています。使用機材:PENTAX K-30、 FUJIFILM X-20(黒)、GIOS PANTO

11/5 相模原 鳥居原園地 ドウダンツツジ 紅葉状況:見ごろ

宮ヶ瀬湖の北岸、鳥居原園地。

湖の斜面に植えられたドウダンツツジは
紅葉見ごろ。

DSCF9648
DSCF9658



雨上がりの秋の空だけあって、

宮ケ瀬湖の対岸から見てもはっきりくっきり
すごい存在感。

DSCF9631




キラキラというよりは
コキアのようにやや落ち着いた色合いが、

しっとりときれいです。

DSCF9652
DSCF9655



周りの木々も色づき始め
いよいよ秋本番ですね。



湖畔に降りて行った先、岬の展望台もだいぶカラフル。

DSCF9654


絶好のツーリング日和とあって
バイクも自転車もあふれんばかり。


食堂に加え、地元の野菜や加工食品のそろう
「鳥居原ふれあいの館」はお昼時なこともあって、大盛況。

湖も満水!




と思ったら、遊覧船の乗り場はタイタニック状態。

DSCF9650


台風の影響でしょうが、
世の中「急」とつくものはたいていダメですね。

当面の間運休だそうです。



【訪問先基本情報】 鳥居原園地
【サイト】 相模原市観光協会 http://www.e-sagamihara.com/nature/flower/0522/index.html
【連絡先】 相模原市緑区鳥屋1674(鳥居原ふれあいの館) 
【開園時間】 常時開放
【休園日】 なし
【料金】 無料
【交通】 (1)JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「鳥居原ふれあいの館」行きバス(橋07系統)、終点下車、徒歩1分。
     (2)「三ヶ木」バス停から「鳥居原ふれあいの館」行きバス(三53系統)、終点下車、徒歩1分。

駐車場利用時間:午前9時から午後5時まで 

11/5 清川 愛川 宮ケ瀬湖 紅葉状況:色づき始め

宮ケ瀬湖周辺の紅葉は概ね
色づき始め。

所々見ごろといった感じ。



湖畔エリアの展望の丘近くの、県道沿いが見た中では一番だったな。

DSCF9647
 



県道を厚木方面に向かった「大棚沢橋」付近。

DSCF9621



黄葉は進んでいるけど
全体的にはまだ青々としている。


毎年のようにここで写真を撮っている気がするが、
気にしない。


メインとなる宮ヶ瀬湖畔エリアですが、
全体的に色づき始め。
DSCF9644



染まりきらない優しい色合いです。


もう少し詳しく見ていくと
クリスマスシーズンにライトアップされるモミの木近辺のモミジ。

DSCF9641
DSCF9632




上の方からだいぶ色づき。

枝先だけを切り取ると最盛期に近い。

DSCF9634




イチョウもまとまってはありませんが
広場にぽつぽつとあり、

黄葉がかなり進んでいます。

DSCF9640




噴水側はススキの穂が黄金色に輝いています。

DSCF9626


左奥の春の木丸のハイキングコースもそろそろいい時期かもしれない。



所々にランナーが写っていますが、
清川やまびこマラソン大会が行われていました。

一度走ってみようかと思いましたが、ハーフで制限時間が140分。

ダムサイトのアップダウン込みでと考えると景色を楽しむ余裕の欠片もなさそう。



【訪問先基本情報】 宮ヶ瀬湖
【サイト】 ぐるり宮ケ瀬湖
https://www.miyagase.or.jp/
【連絡先】 神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-4(県立宮ヶ瀬やまなみセンター)付近
【開園時間】 常時開放 ただし、駐車場は9:00~17:00
【休園日】 特になし 
【料金】 無料
【交通】
小田急本厚木駅からの場合
(宮ヶ瀬湖畔園地)  神奈川中央交通バス「宮ヶ瀬」行き終点下車(約60分)
JR・京王橋本駅からの場合
(鳥居原園地)  神奈川中央交通バス「鳥居原ふれあいの館」行き終点下車(約50分)
小田急本厚木駅からの場合
(あいかわ公園)  神奈川中高交通バス「センター経由半原」行き「愛川大橋」下車(約60分)

駐車場あり。

格安で 自作する 自転車用 フレームプロテクター

自転車のフレームとワイヤーケーブルがこすれてできる傷。


実用上は放っておいても問題ないんだろうけど、

見た目が気になる。

将来飽きてしまって売ろうにも
買い叩かれてしまう。



そんな事態を避けるための商品として
フレームプロテクターが市販されているのですが、

無駄に高くない?



4~5センチのシリコンチューブに
切り込みいれて、ロゴ付けて、


けっこういいお値段。



じゃあそれらしい代用品でということで
水槽のエアーポンプ用のチューブ。

DSCF8565
 


”柔らかくてしなやか” とか願ったりかなったり。



チューブの内径が3ミリほどと
自転車用のシフト・ブレーキのアウターケーブルよりもやや細め。


ちょきんと切って被せただけでは
すぐなくなってしまいそうなので、

まゆ毛切り用のハサミでスパイラルに切っていきます。


最初に角度を決めたら
ずっと平行に切るように意識をすると
大体等分にスパイラルが入ります。





早速取り付け。

DSCF8568



近くに寄ってみると
ギザギザが見えて安っぽさ満点ですが、


1メートルも離れれば大丈夫


軽く隙間を空けて巻き付けると
なんだかそれらしく見えてしまいます。



そして、スパイラルに切ったおかげで
外径の異なるチューブにもぴったりフィット。


簡単には外れないはず。




チューブが2メートルで200円弱だったので、

フレームプロテクター1個当たり4~5円。
かつ大量に作れます。


貧乏くささよりもコスパを気になさる方にお勧め。
記事検索